洗いをの方式を一から見直してみました

年齢と共に抜毛の数量が上がるのを強く感じます。

 

また、髪の質もずいぶんと変わってきました。

 

以前は、直ヘアーで分厚い髪が生えていた辺りに、ちじれたか細い髪が生じるようになりました。

 

何か改善するやり方があるか延々と調べた先、
私の状況、髪のすすぎ手法に問題があるといった分かり、戦法を講じることにしました。

 

とにかく、洗いを何にするかで迷いました。

 

大きいものは10000円を超える雑貨もありますが、私の家庭ではそのような物は許されません。

 

効率最意識だ。

 

ノンシリコン、低圧力などの条件を満たしつつも、安い雑貨を探した成行、スカラボラトリー 薬用スカルプシャンプー DAICHI 300ml [1000円ほど]にしました。

 

但し、重要なのは洗いよりも寧ろ流し手法だ。

 

基本的に二ごとシャンプーをします。

 

とにかく、お湯で丁寧に予洗をします。

 

整髪料金などが残っているって、洗いの働きが褪せるので敢然と落としておきます。

 

そうして、洗いを付けて一回目のシャンプーを行います。

 

髪全体を指の腹で洗いざらい洗ってすすぎます。

 

一気にまた、洗いを付けて二回瞳のシャンプーだ。

 

二回瞳は髪よりもスカルプをマッサージする事を意識してやり、しばしばすすぎます。

 

最後に、リンスを通じて、思い切り落とします。

 

以前のダブルほどの時間をかけて洗ってある。

 

別にすすぎに日数を使いますが、終わった後はスカルプが柔らかく変わるを捉え、どうにも快適気分になります。

 

細くなっていたポイントが間もなく分厚くなって来たのを実感しています。