私の抜毛の対策に対してアナウンス行う

こちらはハイスクール時代に自分のスカルプが透けて窺える要素に気付きました。

 

そこから私の薄毛や脱毛との闘いが始まったのです。

 

今から20時代以上前のこちらが高校生1年生だったら、こちらは当時所属していたサッカー部の部活の勉強に放課後出ていました。

 

そこでこちらは汗まみれになってサッカー部の勉強に励み、その日の勉強を終えてセミナー帰りにサッカー部の支えらという駅前のファストフード店に止まりました。

 

そのファストフード店の便所のトイレの鏡を何気なく見たら、自分のスカルプがヘアを透かして見えて要る要素に気がついたのです。

 

こちらはショックを受けました。

 

と言うのも、父親という兄が薄毛で、自分もやっと父親や兄の様に薄毛になってしまうのだろうかと思ったからです。

 

そうしてこちらはその翌日から薄毛や脱毛に関するヘアー手伝いを始めました。

 

こちらが自分の薄毛という脱毛に関するヘアー手伝いで最初に使った商品が三共製薬の「カロヤンアポジカG」でした。

 

それはトイレに置いてあった父親が使っていた育毛剤でした。

 

液ダレしにくいローション集まりの「カロヤンアポジカG」はスカルプにつけるといったきっと「浸透している」というイメージが得られる育毛剤で、活かし始めた最初からスカルプがすっきりして効いて掛かる様なイメージを得る事が出来ました。